• がん対策推進企業アクションとは
  • パートナー企業・団体
  • 活動・イベント情報
  • がん検診について
  • がんについて
トップ>>がん検診のススメ(旧版) - がんになる原因

【がんになる原因】 がんは、細胞のコピーミスから生まれます。

 私たちのカラダの細胞は、約60兆個の細胞からなっています。
 そのうち毎日1%くらいの細胞が死にますので、細胞分裂をして、減った細胞を補う必要があります。細胞分裂では、細胞の設計図であるDNAを毎日数千億回、コピーしています。しかし、人間のすることですから、コピーミスを起こすことがあります。これが遺伝子の突然変異です。
 コピーミスを起こす原因として、最大のものはタバコです。この他、化学物質や、自然界に存在する放射線などによって、長い時間をかけてDNAにキズが蓄積されていきます。
 多数の突然変異を起こした細胞は、多くの場合生きていけませんが、ある遺伝子に突然変異が起こると、細胞は死ぬことができなくなり、止めどもなく分裂を繰り返すことになります。この「死なない細胞」が、がん細胞です。
ページトップ
がん検診のススメ
がんの常識理解度チェック スタート!!
  • がん検診のススメ